少しずつ取り戻した

2022年シーズンは少しずつ以前に戻ろうとした1年でもあったわね。感染症の世界は私たちから多くのものを奪った。

2020年シーズンが始まってすぐに、無観客試合、チャント・手拍子・立つこともできなくなり、観客数の大幅な制限、ほとんどのAwayゲームは観戦できなくなった。

そういう状況から少しずつ元に戻る作業を繰り返してきた。今でも覚えている。2021年、春先のルヴァンカップ(Away日本平)で1年以上ぶりに、立って応援した。

わずか1mほど視野が高くなっただけで、見える景色が変わった気がしたし、私たちの手拍子での応援もピッチに届くようになったと(自己満足かもだが)思えた。

そして、ようやくに Our Homeにチャントが戻ったのは、2022年7月6日のサンフレッチェ広島戦(3-0)だったはず。(わたし記憶)
C8804608-D344-4ABC-803A-3685A54AE3A9.jpeg
遅々としているが少しずつ歩を進めてきた感がある。来シーズンはどうなるかしら。以前のようにスタジアムに観客が戻るかな。

多くの試合を観戦したいわね。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック